セックスCulture

セフレ掲示板で出会った男女の物語です。

女性の体験談

下着を販売する目的で始めた出会い系

投稿日:2019年9月1日 更新日:

出会い系サイトを使っていた当時私には彼氏がいました。
(利用していたのは、セフレ掲示板です。)

とてつもなく性欲が強いわけでもなくセックスに対してそれほど興味もなかったのですが、知らない人とセックスをするのに抵抗感もありませんでした。

出会い系サイトを使おうと思ったきっかけはインターネットで処分しようと思った下着を売ろうと探していたときのことでした。

どうせ捨てる物ならお金に変わったほうがいいなと思い、簡単に下着を売る方法はないかなと思いインターネットを見ていた所、”出会い系サイトを使って近くに住んでいる人と実際に会い下着とお金を交換する”という方法がありました。

その下着の交換の先にオプションとしてセックスをして対価をもらうというものもありました。

 

実際に出会い系サイトに登録すると次々に男性の方からメッセージが来ました。

その中には「セフレになりませんか?」「あなたを最高潮の快感で満たしてあげます」「1時間後に○○で会えませんか?」などセックス目的ばかりのものでした。

 

私の本来の目的は下着を売ることだったので、セックス目的の方のメッセージには「下着販売が目的です」と率直に伝えそれ以上連絡を取ることはありませんでした。

 

自分のプロフィール欄に【下着販売、その他オプションは相談してください】というコメントを残していると、本当に下着が欲しいという方からメッセージが来ました。

 

ニュースで出会い系サイトで出会った人による殺人事件なども聞いたことがあったので怖く考えていたので、相手のプロフィールや年齢、メッセージのやり取りの雰囲気を見て実際に会ってみても大丈夫かどうかをよく考えました。

一人の下着に興味のある方としばらくメッセージをしてみて、会っても大丈夫そうだと思ったので数日後に会う約束もしました。

 

 

数日後職場に「銀行に行ってくる」と言って抜け出し、中心部にあるデパートの入り口でその方と待ち合わせをしました。

 

出会い系サイト上で年齢は20代と書いてあったのですが写真もなく、どのような人が来るのか緊張しドキドキしながら待っていました。

当日のお互いの服装を教え合い、相手は黒のジャンバーと黒のパンツを履いているとのことでした。

約束の時間になると隣に50代くらいのおじさんが来て”まさかこの人なの?”と思っていたら、正面からメッセージで教えてもらっていた服に該当する20代の方がやってきました。

 

内心とてもドキドキしてたのですが顔を見て”怖い人ではなさそう”と思い安心しました。

正直顔はタイプではなく性格も内気そうで根暗な人なのかなと思いました。

 

それからデパートの9階にある多目的トイレに二人で向かい人目を払ってトイレの中に入りました。

いざ二人きりになるととても緊張していましたが仕事を抜けてきているのでそれほど時間はないということを伝え、相手からメッセージで下着をその場で脱ぐ”生脱ぎ”がいいということを言われていたので早速パンツを脱いで男性に渡しました。

 

男性はパンツを受け取るとパンツのあそのこ部分を匂いを嗅いだり、触ったりしていました。その日はお金を受け取り替えのパンツを履いて帰ることにしました。

 

それから一週間後また同じ男性から「またパンツを譲ってくれませんか?今度はホテルで会いたいのですが…」と言われたのですぐに「是非お願いします。

下着以外のことでしたらオプションでお願いします」と返信をしました。

 

 

約束の日。
一度顔を合わせているので以前よりは緊張はなく、待ち合わせ場所ですぐにお互いアイコンタクトを取り近くのラブホテルに入ることになりました。

 

ホテルに入るとベッドに座り押し倒され、パンツを脱がされました。

 

今日はパンツの生脱ぎ+セックスというオプションで会うことになっていたので私も抵抗することもなく、流れに身を任せました。

 

男性は私の服を一枚一枚脱がし、ブラジャーまでも外し乳首をゆっくりと舐めてきました。

 

それからゆっくりと下に降りてきてあそこにキスをすると指を入れピストンさせました。

感じやすい私もたくさん濡れ、声も漏らしてしまい男性も服を脱ぎながら自分のあそこに私の手を持っていきました。

 

お互いにあそこを舐め合いながら挿入の準備は万端、コンドームを装着した長いものが私の中に入ってきました。

 

私はこの挿入の瞬間が最高潮なのです。

 

私自身がイクことはあまりなく後は男性がイクのを待つだけなので、大きく声を出したり感じているふりをしたりして演技をし、ムードを盛り上げていきます。

 

男性がフィニッシュすると気持ちよかったと言ってベッドを横になったままキスをして、しばらくするとそれぞれシャワーを浴び早々に服を着替え、お金を受け取り帰ることにしました。

 

その後もその男性から連絡が来るのですが一度セックスをしてしまうと次もセックスをするだろうなと思い、私自身彼氏がいるのでセフレが欲しい訳でもセックスがしたいわけでもないので連絡を返さないようにしてしまいました。

 

現在も不要な下着がでてきてしまったのでまた売りたいなと思っています。

-女性の体験談

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

専業主婦の私が「ママ活」を始めて、毎日が充実

私は結婚して5年目の専業主婦です。 主人との仲は悪くはありませんが5年も経つとマンネリ気味ですし、一年程前からどんどん主人の仕事が忙しくなってしまってすれ違い気味の日々が続いていました。   …